レーシックイメージ

失敗もなく無事に近視をレーシックで治した体験談について

私は幼稚園の頃からメガネをかけていて、社会人になってからもかなり近視がひどくて、日常生活ではメガネやコンタクトレンズといった視力矯正アイテムがないと生活すらままなりませんでした。
そんな時に、最近流行りのレーシックという手術があることを知り、それを受けてみたところ成功した体験があります。
はじめにレーシックについてですが、これは手術によって角膜の屈折を変えることによって視力を復活させる手術で、最近では雑誌などでもよく取り上げられていることがあります。
私もファッション雑誌を見ている時に、たまたま裏表紙に載っていた広告を見てこの手術を知り、利用するきっかけになりました。
始めは不安もありましたが、自分でインターネットで調べていく内に、この手術は失敗することが少なくて、失明の危険性は皆無だと分かりました。
また多くの方が手術後に視力が1.0以上になっているそうでした。
長年近視で困っていた私にとっては夢の様な手術に感じました。
そして、実際に手術をうけるためにまずは都内の有名な実績のあるお店を探すことからはじめました。
失敗と後悔をしないように、利用する眼科は約半年ほどじっくりと選んでいきました。
そして実際に複数の眼科の先生とお話をして、色々と相談をしてこの前手術を行ったところ見事に成功して、視力が1.3程度まで回復することが出来ました。
手術をした翌日には今までの視界が嘘のように綺麗になり、常にコンタクトレンズをしているかのような視界になったのです。
20年以上近視だった私にとってはまるで別世界に来たような驚きがその時にありました。
長年利用していたメガネともお別れをして、現在では視力矯正をしない生活を遅れています。
また視力が良くなったことで、性格も明るくなったような気もしています。
本当にこのレーシック手術を行ってよかったと私は思っています。
手術料金も都内にあるお店の中には10万円ちょっとの低料金で行ってくれるところもあって便利です。
私が利用したところも丁度15万円程度の料金で、最新のレーシック手術を受けることが出来ました。
最新の機械を利用して、実績のある眼科の先生が行ってくれますので安全性も非常に高いと思います。
近視で困っている方で、メガネやコンタクトレンズに頼らない、自分の目で物を見る喜びを味わいたい方にはお勧めです。
ちなみに私の趣味はスキーなのですが、滑りながら見る遠くの雪山の美しい景色は最高です。

Copyright(C) 2012 EYE.com All Rights Reserved.