レーシックイメージ

レーシックを受けて失明する可能性はあるのか

レーシックってここ数年で急激に注目されていますよね。
レーザーを眼球に当てて角膜を削り取り、視力を回復させるという手術です。
メガネやコンタクトと同じように視力回復の方法の一つですが、それらと違って裸眼で生活できるというのが大きな魅力でしょう。
実は私もレーシック経験者です。
術後は今まで手放せなかったメガネは一度も使用することなく、快適に過ごせています。
賛否両論、様々な意見があるので受けるかどうかはすごく悩みました。
そもそも目にレーザーを当てるだなんて恐怖を感じますし、万が一手術が終わってみたら失明していたらどうしようと。
不安を感じたので、事前にじっくり調べたり説明を受けたりしました。
やはり、絶対に100パーセント安全ですよとは言いきれないようです。
メガネなどは外せば元に戻りますが、レーシックの場合は何があっても元には戻れません。
今まで手術を受けたことで失明したという例はないそうです。
しかし失明に至らなくても、他の後遺症や合併症に悩まされる人は多くいます。
どのような後遺症、合併症があるか簡単に説明します。
比較的多数の人が感じやすいのがドライアイとハロ・グレアと呼ばれる症状です。
ドライアイはその名の通り、目が乾いしまうことです。
目が乾いてしまうことで痛みを感じたり、疲れを感じやすくなる場合があります。
専用の目薬で対処できますが、一日に何度も点眼が必要になる場合があります。
ハロ・グレアとは光のまわりがぼんやりと滲んで見えるようになったり、広がって見えるようになる症状です。
時間がたつと症状が落ち着いていく場合が多いようです。
私の場合はドライアイはほぼなく、ハロ・グレアは少し感じました。
術後しばらくは夜道での光が滲んで見えていましたが気になるほどではなく、いつの間にか感じなくなっていました。
レーシックを受けることで老眼http://www.arizonasaves.org/c6.htmlになるという噂もあるようですが、これは少し誤解されています。
老眼というのは程度の差はあっても、いずれ誰にでも起こることです。
手術により元々近視でピントが近くにあっていた人が、ピントを遠くに合わせることで視力がよくなります。
それに伴って近くが見えにくいという老眼の症状を感じやすくなるのです。
レーシックによって失明という可能性はほぼありませんが、上記以外にもレーシックのリスクはあります。
何よりも大切なことは信頼できる病院、医師を見極めること。
心配なこと不安なことはクリアにして、リスクも考慮して慎重に検討することをおススメします。

Copyright(C) 2012 EYE.com All Rights Reserved.