レーシックイメージ

レーシックの治療で充血することもある

メガネやコンタクトレンズでその都度視力の矯正をする煩わしさから解放されたいものです。
ずいぶんとレーシックもその名前を耳にするようになってきたので、一般化しつつあるのでしょう。
治療そのものの時間はあっという間ですし、なにも痛みを伴うものでもありません。
それで視力が回復できるのですから、もっと関心を持ってもいいとおもいます。
ただやはり眼科医によっては治療の技術が違います。
ましてや体のことなので個人差もあります。
幸い私の場合はもちろん慎重に眼科選びをしたこともあってでしょうが治療の成果がかなり出ています。
しかし必ずしも期待していたほどに視力が回復しないということもよく耳にしますし、さらにはしばらくしてドライアイになってきたというようなことさえあるようです。
ドライアイになることで、常に目が乾燥して充血するようになってしまうそうです。
ドライアイ専用の目薬を処方してもらい、それで対応することでしかどうすることもできないようです。
仮に明らかに医療行為としてミスがあったのなら、もちろん取り返しのつかないこととはいえ、責任の追及をすることができます。
しかし以前よりもドライアイがひどくなり充血するようになるということは、その可能性を事前に説明されていることです。
眼科医の技術に問題があるのか、それともレーシックに合わなかったのかがはっきりとしません。
それでも間違いなく以前よりもドライアイはひどくなり、常に目薬を持ち歩かないといけないようになっています。
自分もでしたが、おそらくこれからレーシックを受けようとおもっている人たちはこのような後遺症というべきものがあるということを知らないで、純粋に視力を回復させたいとおもっているのでしょう。
ドライアイで充血するということのほかにも、たとえば目の手術を今後受けにくくなるということもあります。
将来、おそらく多くのひとが白内障になることでしょう。
その治療の方法に関して、すでに角膜を触っているために制約ができてしまいます。
もちろん今後新たな治療法が生み出されるかもしれません。
そのことを期待してレーシックをするか、不安があるのならやめておくか判断をしましょう。
純粋に視力が回復するというだけのことではなく、たいせつな目に万が一のことがあるかもしれないリスクがどうしてもあるものだということを知っておかなければなりません。
どうしても前のめりになりやすくなるレーシックのメリットばかりが伝わりますが、リスクもあることをきちんと知っておきたいものです。

Copyright(C) 2012 EYE.com All Rights Reserved.