レーシックイメージ

レーシックを安全に受けるために。受けられる条件を事前に確認してみよう

身近になってきているレーシックですが、すべての人が受けられるわけではありません。
手術を受けることで感染症や後遺症を発症したり、そもそも手術自体が失敗してしまう可能性が高いケースがあるのです。
事前の検査で不適合と判断される人は4、5人に1人くらいと言われています。
受けられない条件には以下のものがあります。
年齢が18歳以下の人。
病院によっては制限年齢がもう少し上のところもあります。
18歳以下はまだ眼の成長段階にあり、近視の進行が止まっていないと考えられるためです。
手術を受けてもその後見え方が変わり十分な効果が得られない場合があるのです。
角膜の薄い人。
レーシックは角膜を削って屈折を矯正する手術です。
角膜が薄いと削れる量が限られるため矯正に必要な分を削れないことがあります。
眼に疾患のある場合。
角膜炎や円錐角膜などの角膜の病気があると受けられません。
白内障、緑内障、網膜の疾患の場合も不適合です。
アレルギー性結膜炎も受けられない場合があります。
網膜剥離や糖尿病網膜症も受けられません。
糖尿病、膠原病、アトピー性疾患も受けられない場合があります。
炎症や感染症が起きることが考えられるためです。
強度の近視の人。
強度の近視を矯正するには角膜を多く削らなければならず、角膜の強度が弱くなります。
また、強度近視の場合は術後に乱視が出たり近視に戻ったりしやすいからです。
角膜を多く残せる種類のレーシックがあるので強度の近視の人はそちらを検討するのがよいでしょう。
妊娠中、授乳中の人。
ホルモンバランスの変化で視力が変動するので回復視力が不安定になるからです。
また、術後に炎症がでた場合に薬を処方出来ないことが考えられるためです。
抗うつ剤や避妊薬を服用している人。
これらの薬は視力の変動を引き起こすためです。
職業的に制約のある人。
格闘家などの顔面や眼を強打する可能性のある人には向きません。
また、パイロットは矯正手術ができません。
将来就きたい職業についてよく調べてみるとよいでしょう。
事前検査http://www.sportsmans-paradise.com/kennsanikannsite.htmlでレーシックを断られると残念に思ってしまいますが、それは後遺症や手術の失敗を防ぐためなのです。
レーシック手術に関するガイドラインが発表されており、各病院はそれに従って判断を下していますので、原則上記の条件に当てはまる人は手術を控えた方がよいでしょう。
しかしあくまでガイドラインなので、病院によって受けられるところと受けられないところが分かれるのも事実です。
受けられる場合でもリスクがあることは変わりませんので、主治医とよく相談して決めましょう。

Copyright(C) 2012 EYE.com All Rights Reserved.